2004年9月に当学園体育館で司教叙階式が行われて以来13年間以上にわたり私たち新潟教区の司教をお務めいただいたタルチシオ菊地功様が、このたび新潟司教を離任し今月16日より東京大司教区・大司教に着座となりました。

これまでの司教様は新潟教区を最後にご退任される方が多く、司教様のご転任というのは当学園にとって開校以来初めてのことでもあります。

新潟教会では12月9日(土)に離任ミサが執り行われ、当学園から同窓会や後援会からの感謝献金もお預かりし加賀田理事長が参列されました。

(ミサの様子はこちらをご覧ください)

菊地司教様からは、所属される神言会の教えである「多様性における一致」というお話があり、一人一人様々な異なる役割を果たすことが全体の一致を成すと説かれました。私たちもますます互いの違いを喜び大いに交わり合いましょう、そしてそうすることで共に成長を果たしましょう。

菊地司教様、いつもお導きいただき誠に有難うございました。東京では桁違いの大きな範囲を管轄されることになります。どうぞお身体ご自愛いただき益々のご活躍をお祈り申し上げます。そして、当学園には今後とも何かとご指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます。