高等学校

principal

学校長
新保 るみ子
RUMIKO SHIMBO

 本校の校訓にあるように、心を清くし、愛の人であろうとすることは、この清心で大切にしている「人間としての品のよさ」の原点になるものです。「心を清くすること」も「愛の人であること」も、私たちが楽に実行できることではありません。 この校訓は、私たちに勇気あるチャレンジを促すものです。そして、私たちも「心の清い愛の人」になってゆける可能性を示すものでもあります。楽なことや自分の思いどおりのことだけでは、人間には成長はありません。辛いことや苦労も含めたあらゆるものとの出会いを受け入れ、感謝できるようになって、人としての生きる姿勢を身につけてください。
また、本校では、開校以来、国際性を重んじることを伝統としてきました。この国際性とは、単に海外との交流が盛んということ等ではなく、人や文化はもちろんあらゆる分野での多様性を認め、自分と異なるものを受け入れて、己を知るということです。これは国の内外を問いません。
「清心ダイナミズム」とよばれる自由闊達な校風の中で学び、真の国際人としての品格を備えてください。

清心では、一人ひとりの進路を拓き実現するため、平成25年度から新コース制を導入しました。高校1年時に全員が共通の科目を履修した後、2年時より「国際文化コース」「医学部BTコース」「文理コース」の3つのコースに分かれて学習します。女子校ゆえに可能となる、伸びやかで、失敗を恐れずにチャレンジする「清心ダイナミズム」とよばれる校風の中、それぞれのコースに分れたキャリア開発教育によって、生徒は自らの進路を拓いていきます。

国際文化コース

新設英語学習に機軸を置き、難関私立大学受験・海外の大学への直接進学・芸術系学校への進学などを目指すコースです。また、部活動に専念したい生徒、校外活動へ積極的に取り組みたい生徒にも柔軟に対応します。ネイティブスピーキングの外国人教員3名が、これまでの語学教育(英語・フランス語)を更に強化します。

⭐︎カリキュラムの特徴

  • 英語の単位数を増やすことにより、英語4技能(読む、聞く、書く、話す)を磨き、主に難易度の高い私立大学文系の進路に対応します。
  • 3年間必修でネイティブの先生によるオーラルコミュニケーションの授業を設定し、「使える英語」を身につけます。
  • 英検の上級合格、TOEIC・TOEFLのスコアアップを図ります。(英検2級以上、TOEIC500点以上、TOEFL350点以上)
  • 英語によるスピーチ力、プレゼンテーション能力の向上を図ります。
  • フランス語、教養、芸術系の選択科目を用意し、多様な進路に対応します。
  • 留学生を受け入れ、日常的な国際交流が体験できます。

医学部BTコース

数学Ⅲまでを必修科目とし、医学部医学科をはじめとする難関大学理系学部を目指すコースです。理系女子「リケジョ」が育つ環境がそろっている女子校のメリットを最大限享受し、理系に特化した体験学習や講演会等のキャリア開発のもと、理系女子教育を実施します。

⭐︎カリキュラムの特徴

  • 数学Ⅲ、専門理科2科目を履修し、5教科7科目入試に対応します。
  • 大学と連携し、理系に特化した体験授業や講演会を実施します。
  • 各大学対応模試への参加や難関校を目指す生徒対象の各種セミナーへ参加します。

文理コース

数学Ⅱ及び数学Bまでを必要とする国公立大学文学系学部、看護・医療系大学などを目指すコースです。選択科目により文系と理系に分かれ、一人ひとりの進路実現を幅広くサポートします。

⭐︎カリキュラムの特徴

  • 7科目入試に合わせて様々な科目が選択できます。
  • 新潟大学との連携を軸に、様々な体験授業を行います。
  • 国公立大学の推薦・一般入試に対応するため、早くから大学入試センター試験の得点率を上げることに重点を置くコースです。

女子に特化した教科指導法の実践

「競争」を求める男子に対し女子は「協働」を重視する、など男女間の違いは多岐多様です。清心は男女別学の女子校という恵まれた環境の中で、女子の能力を最大限に引き出すため、女子に特化した教科指導法を実践しています。本校の教員たちは、各教科指導のみならず学園行事などにおいても、ともに学び合える学習環境づくりに取り組んでいます。一人ひとりの個性と真摯に向き合い、女子の学力の向上に努めています。

夏期講座の開講

夏期講座は、普段の授業とは別の大学入試対策のための特別講座です。高校1・2年生には、国語・数学・英語を中心にした基礎学力の定着から応用力を育成する講座を、高校3年生にはセンター試験対策として実践力を磨くための講座を開講しています。

各種検定への取り組み

TOIEC、TOEFL、英検、仏検、数検、漢検等の各種検定に積極的に取り組んでいます。各検定については、各教科主任が中心となって、授業内だけではなく、課外活動の一環としても試験の事前指導や対策講座などをおこなっています。
特に英語については、新潟県による「魅力ある私立学校づくり支援事業」(国際人材育成プロジェクト)の取り組みの一貫として、普段の授業にも各種検定対策を取り入れ、高い成果を上げています。

サポート体制

生徒は毎日の学習活動や生活の様子を「宅習ヒストリー」に記録し、担任・副担任に提出します。学年主任の指導のもと、担任と副担任は協力して生徒の様子を毎日確認し、毎日の声掛けや個別面談等を通してきめ細やかな指導や積極的なケアで生徒の学園活動をサポートしています。また掃除監督者、部活動顧問、保健室の養護教員、また学習寮の舎監をつとめる教員など多くの目が生徒を見守り、常に連絡を取り合う教員間のネットワークにより担任をサポートしています。

SGH事業

文部科学省が実施する「平成27年度スーパーグローバルハイスクール事業」において、政令指定都市である新潟市ではじめて「SGH事業アソシエイト校」に本校が認定されました。これまで本校が実践してきた国際教育をさらに前進させ、来るべきグローバル時代に即した女子の人材育成のため、学年・教科の枠を超えたプログラムの研究開発と実践に全学園を挙げて取り組んでいます。

その他

通常の35単位のカリキュラム以外に次のような学力向上のための取り組みを行っています。

■ 朝学習
全校生徒対象
月~金(朝礼前)

■ 土曜学習
高校1〜2年生 対象
高校1年生:国・数・英
高校2年生:国・数/国際・英
* 模試対策としての演習を行います。
高校2年生「国際」は国際問題や時事問題を取り上げた授業を行います。
高1 高2 高3
国語 数学/国際 模試
数学 英語
英語 国語