学園紹介

ジュリー・ビリアート

心を清くし 愛の人であれ

人は神から与えられた一回かぎりの人生で、自分だけが果たすことのできる尊い使命を持っています。

国際的な教育修道会ナミュール・ノートルダム会の創立者、聖ジュリー・ビリアートの教育目的は、一人ひとりがこの尊い使命を果たすことができるよう子女を育み導くことでした。

聖母マリアを模範と仰ぎ、聖ジュリー・ビリアートの精神に倣って謙虚に学び合い、尊敬し合い、大切にし合って真理を追求しつつ明るい生き生きとした人生の指針を得、自分に与えられた尊い使命を清らかな愛の心で果たしていくことができる女性の育成を目指しています。

“What they need for life”
life(いのち・生活・人生)のために必要なことを

美しい心を育む ~思いやりのある行動~
sbs02_40
  • ボランティア学習や宗教の授業を通じて命の大切さを学びます。
  • 思いやりの心、基本的な礼儀とマナーが身に付きます。

進路を拓く ~確かな学力の向上~
sbs02_41
  • 学力向上を目指した6年(3年)一貫のカリキュラムを実践します。
  • 社会のリーダーとして活躍する積極的な女性を育てます。

国際性を磨く ~様々な人々との交流~
sbs02_42
  • 「多様性への寛容をもつ清心生」を育てます。…同質化を避け、個性伸び伸びと。
  • 世界の姉妹校との交流や海外研修で国際感覚が身に付きます。

マザー・ジュリー帰天200年事業

  • マザー・ジュリー帰天200年メッセージ 〜清心ダイナミズム〜

今年は、創立者 聖ジュリー・ビリアートの帰天200年にあたります。
当学園では、この機会に改めてより多くの方々にその心とそれにより培われてきた学園の本領を知っていただこうと考え、ここに”ダイナミズム”という一言を用いて、内外への発信を行います。
マザーの教育に対する理念は次の4点に示されています。

一、社会全体との交わりによってなるもの。
一、差別のないすべての人の権利。
一、互いの触れ合い、経験の分かち合いによるもの。
一、常に、開かれ生きているプロセス。

違うもの同士が交わり、労わり合ったり練磨し合ったりする姿、その躍動を望んでいらっしゃったのです。

果たして、マザーが生きたフランスとは場所も時代も遥かに異なるこの新潟の地からも八千名を超えるマザーの子供たちが育まれ、この時代の真ん中にますます開化しようとしています。

まさに”清心ダイナミズム”です。

2016年5月
理事長  加賀田 亮一

  • 聖ジュリーの日

聖ジュリー・ビリアートがローマカトリック教会で列福された日を祝いました。また、聖ジュリーの生き方に倣い、奉仕活動を行いました。

  • 創立記念「命をみつめる日」
ナミュール・ノートルダム修道女会日本管区長Sr.津田葵をお招きし、今年で帰天200年を迎える聖ジュリーの生涯を振り返りながら、「今を生きる私たちと聖ジュリー」を演題にご高話いただきました。私たち一人一人は神様から愛されて生まれてきた尊い存在であり、自分を取り巻く全てのものに生かされています。世界で多くの子どもたちが命を落としている現状に目を向け、私たちも聖ジュリーのように隣人を愛し、支えあいながら生きていく使命があると深い愛をもって語りかけられました。ナミュール・ノートルダム修道女会日本管区長直々に命のみつめ方とこれから自分たちに課せられる使命と向き合う姿勢を考える機会をいただきました。
sbs02_41ナミュール・ノートルダム修道女会日本管区長
Sr.津田葵
  • 受洗者へのお祝い
理事長宣言からスタートした「マザー・ジュリー帰天200年」事業の締めくくりとして、2016年12月31日までに洗礼を受けた卒業生の方々へ、「祈りの泉」(多くのクリスチャンが祈りへの思いを綴った著書。編著:ジーン・ヒントン 訳:光原百合)と本学園が発行する「良寛余滴」(当学園の英語教諭であり、カトリック寺尾教会員であった遠藤志保氏が新潟ゆかりの人、良寛の人生観に触れた著書。著:遠藤志保)を受洗のお祝いとして贈呈いたしました。
sbs02_42

principal

理事長
加賀田 亮一
(かがた りょういち)

我が国女子高等教育の起点となった師範学校令公布と同じ1886年、ノートルダム清心学園が岡山市に創立、1924年にナミュール・ノートルダム修道女会に受け継がれ、当校は、その姉妹校として1964年にこの新潟に生まれました。長らく同学園の一員として育まれ、1993年には中学校を加えて中高一貫校へと歩みを進めました。

また、2009年からは、地元の有志の厚い支持とカトリック新潟教区をはじめカトリック関係各位の理解と指導の下に新たに設立された学校法人ノートルダム新潟清心学園(初代・等々力好泰理事長)へ移管され、教えについてはなお暫く岡山から指導を仰ぐ期間を経て、建学の理念を受け継ぎ今日に至っています。

当学園は、これからも一貫してキリスト教カトリックの教えを中心に据え、聖ジュリー・ビリアートの生涯と御心を範とし、校訓「心を清くし 愛の人であれ」のもとに、全人格における成長を促し、以って、真の国際性を備え、自立した勇敢な女性を育成してまいります。

沿革 校長名 理事長名
昭和38年 ノートルダム清心学園、新潟清心女子高校の開校決議 鈴木篰
昭和39年 4月 高等学校開校、ノートルダム修道院開設 Sr.雑賀美枝
昭和39年 8月 本館校舎竣工
昭和40年 1月 Sr.メリー・マチーナ
昭和41年 5月 寄宿舎竣工
                9月 体育館竣工
昭和42年 3月 高等学校第1回卒業証書授与式
同窓会「なでしこ会」設立
昭和43年 5月 Sr.石井弥栄子
                6月 高等学校後援会設立
昭和45年 4月 Sr.辻海松子
昭和46年 10月 新館(現中学校棟)竣工
昭和48年 4月 Sr.荒谷明恵
昭和51年 4月 Sr.小谷恭子
昭和55年 4月 ソロプチミストSクラブ認定
                7月 全天候型テニスコート(2面)完成
昭和59年 8月 ユリア館竣工
              10月 第二体育館竣工
              11月 創立20周年記念文化行事 田中澄江氏講演会
昭和60年 5月 グランド整備拡張工事竣工
昭和62年 4月 Sr.丸橋由美子
平成  2年 4月 Sr.渡辺和子
平成  3年 11月 チャペル・図書館竣工
平成  4年 4月 コース制開始
平成  5年 4月 中学校開校、同第1回入学式
平成  6年 11月 創立30周年記念講演 犬養道子氏講演会
平成  8年 3月 中学校ニュージーランド修学旅行
平成  9年 1月 ノートルダムホール竣工
平成10年 4月 波多雄一
                8月 ハンドベル部世界大会へ出場
平成13年 1月 高校ハワイ修学旅行開始
平成13年 4月 Sr.三宅聖子
平成14年 1月 海外研修先をアメリカからイギリス・オックスフォードへ変更
平成15年 4月 特進コース開設
平成18年 中学校オーストラリア・ビラヌーク学園への研修開始
平成20年 12月 スクールバス4路線導入
平成21年 3月 ノートルダム修道院閉鎖
平成21年 4月 ノートルダム清心学園から、現法人へ法人移管 曵田宏一 等々力好泰
                6月 ミニバスケットボール清心カップ創設
                8月 寄宿舎リニューアル工事完了
平成23年 4月 加賀田亮一
新潟県「魅力ある私立高校づくり支援事業」採択、国際センター開設
                5月 ノートルダム清心女子大 Sr.高木孝子学長講演(聖ジュリーの日)
                8月 全日本高校・大学ダンスフェスティバル神戸にてダンス部が神戸市長賞受賞
平成24年 2月 高校棟、中学校渡り廊下、寄宿舎の耐震改修工事完了
                3月 オーストラリア・ビラヌーク学園との姉妹校関係締結
                4月 加賀田亮一
                8月 全日本高校・大学ダンスフェスティバル神戸にてダンス部が入賞
上智大学・カンボジア緑陰講座への参加開始
              10月 上智大学石澤良昭前学長講演会
平成25年 4月 医学部BTコース開設
平成26年 潜伏キリシタン研究開始
                8月 寄宿舎改修工事
                9月 キッズスピーチコンテスト開始
              10月 開校50周年記念式典開催、ソロプチミストSクラブ認証
中学ボーディングプログラム開始
              12月 bjリーグジュニアユースバスケットボール全国大会4位
平成27年 4月 SGHアソシエイト校認定
平成27年 10月 聖心女子大学佐々木恵介副学長講演会
              10月 全国良寛会会長長谷川義明先生講演会
              10月 理系女子育成講座「リケジョ塾」開講
平成28年 4月 新保るみ子
              10月 ナミュール・ノートルダム修道女会Sr.津田葵日本管区長
「聖ジュリー帰天200年」講演会
              11月 東北地区カトリック学校教育研修会 開催

 開校から半世紀余、建学の精神をつないでいる当学園に、これまでにもない確かな期待が寄せられていることを感じます。
国の教育の重心は、人格の全領域へと向かっています。ゆとりから偏差値へ変遷し、実社会ニーズを受け、多様に広がりつつも、心の育成を伴う全人教育、リベラルアーツへと価値観を移して行くでしょう。その一環である「教育寮」も、ひとつの学習手法として、また、本来の意味でのエリート教育としての位置づけを回復しつつあります。
現状への問題認識から、別学への回帰がひとつの答えとなっています。わが国が男女共学化を進めながらも女性の社会参画が更に後れをとった現実から、共学に対しては古い性差を固定化させるという懸念が生まれ、一方で別学女子には、理系女子や起業家を生む素となる自立心や完結力が備わるという本領が見とめられるようになってきました。世界の趨勢も、また私たちの実体験からも、時代は別学へと回りはじめています。

そして、グローバル化。今や人材の育成が国際社会における国の存続にもかかわる命題となっています。しかし、わが国では逆行するように近年若者の国際志向の低下が表れ、中でも新潟県の低調さは深刻です。この中、開校以来「国際性」を志向してきた当学園が、新潟市で唯一校、文部科学省より「スーパー・グローバル・ハイスクール・アソシエイト校」に指名されました。言葉を通じるだけではなく、互いに自国を知り、他国を知り、違いを受入れ合う真の「国際性」が、地域の牽引役という使命感も含め、いよいよその真価を問われています。
とかく偏差値一律的と言われるこの新潟県にあって唯一のカトリック校として、女性の社会参画が遅れている県内で唯一女子だけの環境を守っている学舎として、そして、国際志向がとりわけ後退しているこの地における新潟市唯一のSGHアソシエイト校として、生徒一人一人がその自負を持ち、時代の求めを感じ、意識を高めています。愛と道徳心を礎とし、多彩な個性を尊重し、キャリアに挑み、リスクとも果敢に組み合うダイナミズム。今このノートルダムの丘から本格的な開化がはじまろうとしています。
こうして高く広く外へ向かって人材を輩出する営みこそが、やがて地域としての魅力と可能性となり、若者への求心力を生み出すものと確信します。当学園は、これからも建学の精神を揺らぐことなく実践しつづけ、以って時代の追うところとなるでしょう。

私たちのマザー、ジュリー・ビリアートの愛は、広く世界中の子供に向けられ、特に恵まれない貧しい子供たちに注がれたものでした。この遠く異国からの教えと思いを心として、こんどは私たちが海の向こうを臨んでいます。

理事長  加賀田 亮一

sisterschool_banner

ビラヌーク学園(オーストラリア、メルボルン)

ビラヌーク学園 (Billanook College) は、オーストラリア、メルボルン郊外に位置する幼稚園から高校までの一貫教育を行う私立学校です。

本校は中学3年生を対象として、毎年ほぼ2週間の研修プログラムを同校において実施しています。そうした交流活動が認められ、新潟県「魅力ある私立高校づくり支援事業」より支援を受け、同校と姉妹校交流協定を締結いたしました。

この協定により、同校との交流は、高校生による短期・長期留学、さらには卒業生によるギャップイヤーを利用したインターンシップや教職員の交流活動など、より発展的に前進しました。この発展的交流プログラムは、文部科学省SGHアソシエイト校の研究プログラムのひとつにもなっています。