中学校

principal

学校長
新保 るみ子
RUMIKO SHIMBO

 校訓「心を清くし 愛の人であれ」でいう心の清さとは、汚れたところや悪いところがないということではありません。私たちはみな、弱く、不完全な人間であり、他の人に分からなければよいとごまかしたり、自分中心に考えたりしがちです。そんな私たちに「心を清く」と呼びかけるのは、神様の前でありのままの自分を正直に認めて、物事をありのままにまっすぐ見つめて、弱い未熟な自分と闘いながら成長しようと努力するということです。
「愛の人であれ」というのは、「自分を愛するのと同じように人を愛しなさい」というキリストの教えに基づいた呼びかけです。「愛」は「好き」とは違います。「愛する」ということは、自分を、そして他の人を心から大切にすることです。
「清心ダイナミズム」とよばれる自由闊達な校風の中で、「心を清くすること」と「愛の人であること」を学んでください。

中高一貫教育

中高一貫の教育カリキュラムを導入し、切れ目のないスムーズな授業を展開しています。独自に構成された一貫校ならではの授業スケジュールの中で、無理・無駄なく6年間落ち着いて学習に取り組むことにより、2020年問題といわれる大学入試制度改革で問われる「思考力」「判断力」「表現力」が育まれます。

別学女子教育

別学の女子教育として、女子特有の「共感力」を重視した教科指導法の導入をはじめ、女子に特化したカリキュラムが確立されています。女子校ゆえに可能となる、失敗を恐れず、自由闊達に自らの可能性にチャレンジする「清心ダイナミズム」とよばれる校風の中で、生徒は十人十色それぞれの個性を磨きます。また、教育にあたる女性教員にはOGが多く、「シスターフッド」の精神でしなやかなでたくましい女子教育を実践しています。

国際教育

国際志向が将来の分かれ目といわれる中、清心は半世紀にわたり真の国際教育を実践しています。語学力の習得に終始することなく、グローバルな視野を養い、互いの個性を尊重し、個々の違いを認め合う教育を実践しています。それは、語学研修などの海外研修においてはもちろん、日々の学園生活においても「多様性への寛容と共生」として実践されています。

授業時間

1週間あたり英語が英会話2時間を含む7時間(公立中学4時間)、数学が5時間(公立中学4時間)など、公立中学と比べると授業時間が多いカリキュラムが構成され、無理なく理解を深かめる授業が展開されています。特に高い評価を得ている英語においては、清心独自のカリキュラムで4技能(読む、聞く、書く、話す)を習得します。

少人数編成

英語と数学の授業では、クラスを少人数に再編成するカリキュラムが導入されています。生徒ひとりひとりの進度に合わせたきめ細やかな授業を展開し、それぞれの到達度に合わせて確かな学力の定着をもたらします。

専用教科書

英語では、授業のテキストに「プログレス」を使用するカリキュラムが導入されています。このテキストは中・高一貫教育を前提としたもので、中・高一貫の進学校で多く採用されており、本校でも高い実績を残しています。

先取り学習

数学では、進度を速めるカリキュラムが組まれ、先取り学習を実施しています。単に進度を速めるのではなく、豊富な授業量ゆえに可能になるカリキュラムで、基礎の定着と実践応用力の両立を可能にする授業が展開されます。

朝学習

月・火・木の朝礼前10分間で朝学習を行っています。(2・3年生)(1年生は1学期中間考査後から)
国語・英語・数学の3教科を各係の生徒を中心に、生徒たちだけで取り組む自主学習です。

巡回読書

1・2年生の活動です。一人一冊ずつ小冊子を持ち、読んだらノートに感想を書いて、次の人に回すという読書活動です。
同じ本を読んでも、みんなそれぞれ感想が違うので、他の人がどのような感想を持ったのか、感想ノートを読むことも楽しみの一つです。
1週間に1度くらいのペースで回し読みしています。

各種検定への取り組み

英語検定、数学検定、漢字検定への積極的な受験を勧めています。各検定に向けて、放課後等に個別指導やめざす級に対応する指導を実施しています。実用英語技能検定の取得実績はこちら

サポート体制

毎日、学習の記録等「生活の記録」を担任、副担任に提出します。学年主任の指導のもと、担任と副担任は協力して生徒の様子を確認し、毎日の声掛けや個別面談等を通してきめ細やかな指導や積極的なケアで生徒の学園活動をサポートしています。また掃除監督者、部活動顧問、保健室の養護教員、また学習寮の舎監をつとめる教員など多くの目が生徒を見守り、常に連絡を取り合う教員間のネットワークにより担任と副担任をサポートしています。

礼節マナー

本校の卒業生でもある新保朝子先生の「マナー講座」で、カトリックの美しいこころにふさわしい立ち居振る舞いと礼儀作法を学びます。また本校では、フィニッシング・スクールを導入して、自立した女性にふさわしい自己表現のしかたについての特別セミナーを全校生徒を対象として不定期に実施しています。